【食いっぱぐれない経理になる】20代の経理キャリア戦略【大手子会社最強説】

strategy
食いっぱぐれない経理になるにはどうすればよい?

という悩みに答えます。
実は、20代でどれだけ経理スキルを積んだか?で食いっぱぐれないかどうかが決まります。
なぜなら、経理のスキルは見える化できるからです。
いかに上流の仕事(連結決算、税務、開示)をするかが重要となります。
上流の仕事を経験していれば、今の会社が潰れても転職先がすぐに見つかります。

筆者の経歴
非上場中小企業のメーカー経理で7年
大手子会社経理で3年働いてきました。
戦略的に経理キャリアを積んできました。
そのため転職エージェントから
「上場企業からベンチャー企業までどこでもいける経理スキルがある」と言われています。

この記事では、食いっぱぐれない経理になるために必要な経理スキルの習得方法を説明します。
この記事を読むと、食いっぱぐれない経理になることが出来ます。
将来AIに取って代わられない経理になります。

結論は
20代で経理業務を一通り経験することです。
具体的には以下の2ステップ

  1. 中小企業経理で働き3〜5年経験を積む
  2. 大手子会社経理に転職する

を行うことです。

経理スキルマップを使ってスキルの見える化

skill

経理のスキルマップは経済産業省が作成したものわかりやすいです。
経済産業省スキルマップ
少し足りない部分もあるので、このスキルマップにIFRS決算も含めれば完璧となります。
まずはスキルマップをみて
マスターしている業務と経験していない業務を見える化してください。
次に、経験していない業務を身につける戦略を考えていきます。

実際に上司へ「この業務をやらせてください」とお願いし業務の幅を広げます。
上司からも「やる気があるな」と思われるので印象も良くなります。

20代のうちになるべく多くの業務を経験してください。
食いっぱぐれないだけではなく、自分自身が
上の立場になった時に活きてきます。
実務をわかっていない人が上に立つと部下から舐められます。

私の体験談
中途で入ってきた上司が実務を理解してない時がありました。
その際は正直舐めていました。

将来的な部下からの信頼を得るためにも、スキルマップを網羅することが大事です。
スキルマップを網羅するために戦略的に会社選びをしていく必要があります。
私は戦略的に会社を選んだ結果、開示以外の業務は全て経験しています。

中小企業経理でスキルを身につける

get

まず中小企業で1人で様々な経験を積むのがベストです。

こんな中小企業を選ぶべき
・非上場or上場どちらでもOK(上場の方がベター)
・経理の人員が少ない
・連結決算、単体決算、税務、予算管理、資金繰り、開示を数人で回している

こういう中小企業だと3〜5年で一気に経理スキルを得ることが出来ます。
私は非上場中小企業経理で7年働き
連結決算、単体決算、予算管理、原価計算、固定資産をマスターしました。
幅広く業務を経験したことが転職活動で有利に働きました。

大手子会社経理に転職してさらにスキルアップ

jump

中小企業でキャリアを積んだら、大手子会社へ転職しましょう。
経理のスキルマップで中小企業では経験できない業務をマスターするための戦略です。
親会社でなく子会社がオススメです。
理由は3つあります。

  • 大手上場企業レベルの経験を積める
  • 子会社は中小企業のように1人で幅広い経験が積める
  • 子会社はホワイト企業

大手上場企業レベルの経験が積める

大手上場企業や子会社に転職すると
IFRS(国際会計基準)決算を経験出来ます。
IFRS決算を経験すると希少な人材となります。

なぜならば
IFRS適用済会社数は251社(2022年12月現在)しかないからです。
この数は東証に上場している会社数なので、子会社を含めればもっと多くあります。
それでも日本の全企業数178万社と比べれば、IFRS適用会社は圧倒的に少ないです。

IFRS経験があると転職時に有利になります。
IFRS適用会社はもちろん、IFRS導入プロジェクトをやっている会社にも転職できます。

子会社は中小企業のように1人で幅広い経験が積める

経理のスキルマップで経験していない業務をマスターするために、1人で様々な経験を積める環境が大事です。
子会社は中小企業と同様に、1人で幅広く業務を行えます。
親会社の場合、固定資産だけや税務だけのように1つの業務しかすることが出来ません。

現在、私は大手子会社で3年働き、
IFRS決算、税務、資金繰り、予算管理を経験しています。

子会社はホワイト企業

大手子会社はホワイト企業です。
経理は繁忙期に残業が多いのが通例であり、
残業時間が40時間〜60時間/月や休日出勤する会社もあります。
しかし、私の実例として大手子会社は10時間以下/月です。
大手は業務効率化や外注化が進んでいるので、決算期でも残業が少ないです。

まとめ 中小から大手子会社への転職が最強

strong

経理で食いっぱぐれないためには、20代の内に経理スキルマップを網羅することが大事です。
中小経理と大手子会社経理を経験すると経理スキルマップが網羅できます。
大手子会社に入ると

  • 経理スキルアップ
  • ワークライフバランス抜群

の2つが手に入るので最強です。
いま中小企業経理で働いている人や親会社で一部の業務しか出来ていない人は、
ぜひ大手子会社への転職をオススメします。

経理未経験の人はまず中小企業経理にチャレンジしてみてください。
中小企業経理であれば、未経験でも採用してくれます。
大手子会社は経理経験者でないと中途で入るのが厳しいです。

私が使用した転職エージェントは
ジャスネットキャリア
MS-Japan
最速転職Hupro
となります。

転職エージェントの特徴は以下でまとめてあります。
経理のおすすめ転職エージェント3選【体験談付き】 | accounting real (ikumentoushi.com)
大手子会社へ転職して、食いっぱぐれない経理になる人が増えることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA