転職面接突破のコツ

書類選考を突破したら、いよいよ面接です。
転職の面接は大体2回面接があります。
1次面接が経理のリーダークラスと人事担当者と。
2次面接(最終面接)が役員との面接です。

私自身、面接が大の苦手です。
面接後の転職エージェントからのフィードバックで「転職する熱意が伝わらない。」などと手厳しい言葉をいただきました。

しかし、何度も面接をやることにより段々と通過するためのコツを見つけました。

これから転職の面接を受ける方々が、このブログを読んで少しでも面接突破の可能性を上げていただければと思っています。

2つの押さえておくべきポイント

面接において面接官が見ているポイントら2つあります。

それは
1.この会社で活躍できること
2.長く働いてくれるか?
です。

1つ目のこの会社で活躍出来るかについて。
中途採用は即戦力採用です。
企業に採用されたら、どれだけ活躍できるかをいかにアピール出来るかにかかっています。
書類選考のコツで書きましたが、大事なことは今までやってきた業務で再現性を示すことです。

私の場合は、「小さな会社であったので経理業務を一通り経験しました。
また、会社の問題点を解決するために管理会計の導入し利益を増やしました。
御社でも今までの経験を活かしていきたいです。」と伝えていました。

転職面接は自分自身を売り込む営業に近いです。自分自身はこんなことが出来る&採用する価値ありますよ。というのをしっかりアピールすべきです。

また、面接の大半はこの今までやってた経験&どれだけ活躍出来そうかを見定める質問に時間が割かれます。
なので、この部分はしっかりと対策しておく必要があります。

2つ目の長く働いてくれるか?について

この点については、嘘でも定年まで働きたいです。というアピールをすべきです。
なぜならば、採用コストは数百万単位でかかるので、すぐに辞められると企業側は困るからです。
採用コストについてですが、企業は内定を出した人の年収のうち3割ほどを転職エージェントに支払うことになっています。

私自身の話ですが、かつて面接で転職理由を聞かれ、「経理のスキルアップを図りたいので転職活動をしています」と伝えたことがあります。
その際、企業側から「スキルアップしたらまた他の企業に行ってしまうのでは?」と思われてしまい、不合格となりました。

なので、この2点を押さえた上で
転職理由、自己PR、志望動機を話していけば高確率で面接突破が可能です。

転職理由はポジティブでなくても問題ない。

ネットで調べると転職理由はなるべくポジティブに変換しようとあります。
この意見に私は否定的です。

本当にポジティブな理由で転職してる人は皆無だと思います。
何かしら現職への不満(年収、人間関係、残業時間、会社の将来性)があるから転職活動を行なっているはずです。
それを素直に伝えた方が良いです。

こういう不満があり、御社に転職することにより解決することが出来ます。と伝えた方が先方から納得感が得られます。

また、この不満は自分で解決することは厳しいor解決しようと頑張ったが変わらなかった。と伝えると良いです。
他人のせいにする人間ではないとアピールすることが大事です。

私の場合は、「新卒の就職活動時は定年まで勤める気持ちで入社したが、実際入ってみるとワンマン社長のトップダウン経営であった。
会計面から会社を改善しようとしたが、あまり効果は見られず。むしろ人件費削減の方向へ進んでしまった。
このまま定年まで勤める姿が想像出来ない。
また、非上場企業の経理マンであるため、上場企業独自の経理経験が出来ない。上場企業の経理を経験してみたい。」
と転職理由を伝えていました。

前述の通り、現状こういう不満がある。
頑張ったが現職の状況は変わらない。
御社に転職することでそれが解決出来るという道筋を示すことが大事です。

面接に落ちても気にしない

面接突破のコツを述べましたが、それでも面接に落ちることはあると思います。
面接に落ちても気にしないことが重要です。
別に落ちたからといって、何かあるわけでもないですし。(面接時間と電車代を失うくらいです。)

何回も面接を受けることによって、段々面接慣れしてきて、そのうち通過するようになります。

面接は企業から選んでもらう場に思われがちですが、応募者が会社を選ぶ場でもあります。

私自身も、面接受ける前は第一志望だった会社が実際面接受けたら志望度が一気に下がったことがありました。
面接官である経理の人の印象が悪く、この人とは働きたくな。と面接中に感じ、もういいやこの面接、こっちから蹴ってやる。という気持ちになりました。

まとめ

面接がとても苦手な私でも、転職出来ました。
転職活動中で面接に苦戦している方はそんなに気を落とさないでください。

面接突破のポイントである

1.この会社で活躍できること
2.長く働いてくれるか?
を意識すれば、通過するようになります。

ぜひ、これを意識してみてください。

私が使用した転職エージェントはMS-JAPANです。以下から登録可能です。

MS-Japan

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です