赤ちゃん連れで石垣島行ってきました1<石垣島1周編>

6月21日〜24日に1歳になった息子を連れて、家族3人で石垣島に行ってきました。
飛行機は成田〜那覇。那覇〜石垣の乗り継ぎを選択しました。成田〜那覇はLCC(行きはバニラエア、帰りはジェットスター)を利用しました。
航空券合計で3万円で収まったので、料金には満足です。梅雨明けギリギリを狙ったので安かったです。

羽田〜石垣への直行便もあり、こちらも選択肢として浮上しましたが、料金が高い(約2倍くらいになってしまう。)&長時間のフライト(4時間かかる)が心配だったので乗り継ぎ便を使用しました。

 1日目、石垣島へ移動(LCCだと那覇空港の乗り継ぎ不便)

10時10分成田発13時15分那覇着のバニラエア。
14時10分那覇発15時10分石垣着のANA。
が予定していた飛行機です。

那覇での乗り換えは30分あれば余裕と聞きましたが、見事に失敗しました。。。

失敗した理由は2つあります。

1つ目はバニラエアの遅延です。
この日、本州は大雨でした。
そのため、那覇到着時間が30分以上遅れて13時50分となりました。
この時点で乗り換え時間は残り20分です。

2つ目の失敗は、那覇空港のLCCターミナルとANAターミナルが想定外の遠さだったことです。

事前に調べておけば良かったのですが、那覇空港はANA、JALなどの有名路線のターミナルとLCCのターミナルが離れています。
専用のシャトルバスで10分かかりました。しかもシャトルバス以外の手段はありません。
ターミナル間を歩いて行こうとしている人が、警備員に止められていました。

シャトルバスは定員があるので、1回で乗れなかった場合はさらに遅くなってしまいます。

この2点の失敗により、那覇空港のANAターミナルについたのは14時05分。
出発時間まで残り5分となり、乗り換えを断念しました。

ANAに問い合わせた結果、次の14時50分の便に乗ることが出来たので良かったですが、石垣島まで那覇乗り換えで行く場合は注意が必要です。
LCCを使うのでしたら、ジェットスターに乗ることをオススメします。
ジェットスターだけはLCCターミナルでなく、JAL、ANAと同じターミナルに到着するので、乗り換えが楽です。←出発前に調べておくべきでした。当日になって知った次第です。

2日目、石垣島一周

事前に買っておいたるるぶに、「石垣島は車で3時間あれば1周できる」と書いてありましたので、レンタカーを借りて石垣島一周に挑戦しました。

レンタカーはニッポンレンタカーにて借りました。沖縄のレンタカーは安くてびっくりしました。9時〜19時まで借りて5120円でした。安心保証1000円&チャイルドシート&カーナビをつけてこの値段です。
車もフィットでかなり綺麗でした。
いつも使っているニコニコレンタカーとは大違いです。

玉取崎展望台

最初に行ったのは玉取崎展望台です。
石垣市街から30分ほどのところにあります。

最寄りの駐車場から歩いて3分ほどすると展望台が見えてきます。

展望台に行く道に綺麗なハイビスカスが咲いてました。(写真撮るのわすれました。。。)

展望台から見える景色が最高です。
海が綺麗でした。

この日、梅雨明けだったので天気は快晴でした。晴れていたので、綺麗な写真がとれました。

あと石垣島は予想していたよりも、暑かったです。梅雨明けならまだ平気だろうと思っていましたが、想定外の暑さでした。。。

サビチ洞

玉取崎展望台から車で10分ほどのところにサビチ洞があります。

この鍾乳洞の特徴は、鍾乳洞を抜けると海が広がっていることです。日本で唯一ここだけだそうです。

鍾乳洞はこのような感じです。
うちの息子は鍾乳洞にびびりまくり、歩きませんでした。抱っこしながら鍾乳洞を進むのは、かなり危なかったです。
赤ちゃん連れは抱っこ紐必須ポイントです。

また、鍾乳洞の中は、少しだけ涼しかったです。

鍾乳洞を抜けると、海です。
石垣島は本当に綺麗な海ですね。感動しました。

とみーのパン

その後、事前に調べておいた「とみーのパン」に行きました。

とみーのパンに行くまでの砂利道が結構オフロードです。
本当にこんなところにパン屋あるの?と思うような場所にあります。

見た目は本当にパン屋やってるの?と思う外観です。

しかし、ここのパンはとても美味しいです。そしてものすごく大きいです。
290円で買ったミルクパンは、息子の顔より遥かに大きくぎっしりしたものでした。(またもや、写真撮り忘れました。)

この立地で続けているということは、地元民に愛されているパン屋さんなのかと。

石垣島の穴場スポットなので、ぜひ行ってみてください。

川平湾

とみーのパン屋の後は、川平湾へと向かいました。

川平湾と言えば、こちらのグラスポートです。

15分おきにグラスポートが出発しているので、結構適当な説明かと思いきや、乗船中しっかりとした説明がありました。また、30分グラスポートで案内してくれたのでゆっくり出来ました。

息子もグラスポートから見る、魚に夢中でした。

川平湾は遊泳禁止エリアですが、砂浜で遊ぶことは出来ます。

息子は石拾いを楽しんでいました。

1、2日目は、このような日々を過ごしました。
3、4日目については後日アップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です