FXはやらないほうが良い

お金を増やす手段として、メジャーなのはFXと株式投資かと思います。
FXを検索すると、「初心者におすすめ」や「副業」に最適と出てきます。
個人的には副業は「本業以外の安定した収入」だと思っているので、副業ではないだろうとツッコミをいれたくなります。

学生時代にFXを、社会人になってから株式投資を経験した私からすると「FXはやらない方が良いです。」

私がFXをオススメしない理由は3つあります。

FXは国を予想するので難しい

FXは、為替差益を狙うものなので、為替レートを予想する必要があります。
そのためには2国間の、経済的関係を予想しなければいけません。
例えば、ドル円なら日本とアメリカの関係から為替レートを予想することになります。

これはかなり難しいです。

昨年トランプ氏が、大統領選に当選した際、大方の予想は

トランプ当選

アメリカの今後は危ないのでは?

日本円が買われて、円高になるはず

との見方でしたが、結果は真逆の円安になりました。

また、国の経済を把握するのはマクロな視点となるため難しいです。
日本の経済成長がどうなるか?なんてわかりません。なぜならば、多数の企業の集合体だからです。
高成長の企業もあれば低成長の企業もあるので、把握は出来ないです。

↑経済アナリストの日経平均株価予想が大概外れるのもこれが理由です。

FXは夜中に活発に動くのでサラリーマンに向かない

FXは「24時間市場が開いているので、いつでも取引が出来る!!」とさも24時間開いていることがメリットのように、宣伝されています。

24時間開いていますが、為替が動きやすい時間はニューヨーク時間なので、23時30分〜6時です。

私は数日で決済するスイングトレードタイプでした。チャートを眺めている時間は動きのある夜中が多かったです。

チャートを眺めてると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

当時、大学生だったのでなんとかなりましたが、サラリーマンとなった今では体力的にきついものがあります。

FXはギャンブル

FXは投資ではなく、ギャンブルです。

株のように自分の思い描いたストーリーどおりにいかないのがFXです。

株だったら、PERなどの指標を基に割安判断をすることが出来るので、ある程度今後の動きを読むことが出来ますが、FXはそういうことがありません。

また、FXはゼロサムゲームです。ある人が買ったら、他の誰かが必ず負ける行動です。株式投資のようなプラスサムゲームではないため、ギャンブル要素が強いです。

FXはレートの動きに明確な理由があるわけではないので、仮に負けた場合、その負けを次回に活かすことが出来ないです。

FXはギャンブル以外の何物でもないです。

まとめ

FXはギャンブルなので、手を出してはいけません。FXは長期の資産形成に向いてないです。

FXと株式投資どちらの方が、勝ちやすいかと問われたら、確実に株式投資です。

真面目に勉強をすれば報われる確率が高い、株式投資をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です