男も時短をとるべき

私は12月から時短勤務をしています。
定時は9時〜17時30分の会社に勤務していますが、週の半分を9時〜16時30分勤務に変更しています。残りの半分は定時通りに働いています。
私の会社で男で時短勤務をしているのは、私以外いないので少し肩身が狭い気もしますが、それを上回るメリットを受けています。

保育園のお迎え

1つ目は保育園のお迎えに行くことが出来ることです。週の半分ほどお迎えに行っています。
迎えに行くと、私目掛けて歩いて近づいてくる息子に癒されます。

また、私が保育園にお迎えに行く日は、妻は時間を気にせずに仕事に向かうことが出来ます。毎日、退社の時間が決められているとプレッシャーになるものです。少しでも軽減出来ればなと。

妻は9時から16時30分の時短勤務で毎日働いています。↑に述べたように私が時短の時は、16時30分以降も働くときがあります。

夫婦2人で協力出来る

私が時短で帰ることにより夫婦2人で協力して家事育児をすることが出来ています。むしろ、妻又は私だけのどちらか一方だけの時短勤務でしたら正直、家のことは回らないです。

保育園のお迎えから帰ってきたら、私は息子をお風呂に入れます。
妻はその間に、夕飯の準備をしています。

↑を1人でやるのは厳しいです。
女性のみが時短勤務を取っている夫婦が多いと思います。旦那さんは奥さんに感謝するべきです。

子供と触れ合う時間が取れる

時短勤務を取ることにより、給料は減りますが子供と触れ合う時間が取れます。

子供が3歳になるまでの間に、父親と過ごした時間が長いほど、頭が良くなると本に書いてありました。

この時間を大切にしていきたいです。

仕事が忙しくて、平日帰ってきたら子供がすでに寝ているという家庭も多いかと思います。
私は↑のようになりたくなかったので時短勤務を取りました。

まとめ

まだまだ世間的には男の時短に対する理解はあまりないと思います。
私自身も上司にオッケーをもらいましたが(制度上は、男性の時短勤務は禁じられていないため)、実際はどう思われてるかはわかりません。

しかし、時短勤務を取ることにより育児、家事をすることが出来るので、時短勤務を取って正解だと思っています。

今は、少しアウトローとして捉えられているかもしれませんが、社会全体が少しずつ変わっていくことを願っています。

私の息子が成人する頃には、男の時短が普通になってれば良いなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です