成長が続く限り株を保有

私は割安成長株投資を行っているので、投資している銘柄の成長が続く限りはずっとホールドしていく方針です。

TOKYOBASEについて

TOKYOBASEの今期の会社予想EPSは59円です。私の予想だと68円は固いかなと思っています。

TOKYOBASEの最近の決算や、海外進出の状況を見ると年率50%の成長率はあります。なので、適正PERは50倍と考えています。

去年の年末時点でTOKYOBASEの株価は2000円前後でした。
私の予想EPS68円で計算すると、PERは約30倍です。ここから、割安と判断していました。

東証1部への鞍替えが発表されたので、株価が大幅に上昇しました。一時、4000円まで上がり、PERは60倍ほどになりました。

しかし、まだまだホールドする予定です。
なぜならば、TOKYOBASEはここからさらなる成長が期待出来るからです。

上で述べたPER60倍はあくまで今期予想EPSで計算しています。

仮に、今後3年間、年率50%で成長したと仮定するとEPSは以下のようになります。

2017年 2018年 2019年 2020年
68円 102円 153円 230円

3年後2020年のEPSは230円です。
これで今の株価にてPERを計算すると17.4倍です。

適正PER50倍が維持されると想定すると、株価は11,500円になるはずです。

なので、今の株価の動きに一喜一憂せずにホールドしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です