予想どおりTOKYO BASE上方修正発表

TOKYOBASEが平成29年2月期第3四半期決算を発表しました。
前回の記事で予想したとおりの上方修正が出ました。
TOKYO BASE決算分析&株価予想

この時の予想がEPS65円だったのに対して、今回の上方修正後のEPSは59円でした。予想が概ね当たったかと。
本決算では、さらに上方修正で着地するのでは?と思ってます。
 

決算内容

まずは売上と営業利益について、単位は百万円です。

  当期 前期 前期比
売上 6,387 4,170 53.2%
営業利益 839 397 111.3%

絶好調です。営業利益率も前期の9.5%→13.1%に改善しています。

第3四半期(9~11月)のみで見てみると

  当期 前期 前期比
売上 2,777 1,767 57.2%
営業利益 493 220 124.1%

となります。

予想では営業利益が440になるかと思っていましたが、余裕で超えてきました。

上方修正のIRに「主にインターネット販売とUNITED TOKYOの好調による」との記載がありました。

私が気に入っているUNITED TOKYOが業績に大きく貢献していることが読み取れます。

本決算に向けて予想

今回の上方修正により、会社予想は

  当期(予想) 前期 前期比
売上 9,154 6,089 50.3%
営業利益 1,190 660 80.3%

 

↑の会社予想から第4四半期(12月~2月)を計算すると以下になります。

単純に会社予想から第3四半期までの実績をマイナスしただけです。

  当期(予想) 前期 前期比
売上 2,767 1,919 44.2%
営業利益 351 263 33.5%

正直、今回の上方修正はかなり保守的な予想を発表したと思います。

過去の実績からみると売上は前期比50%、営業利益は前期比100%を超えてくるものと予想します。

営業利益は第4四半期のみで526百万円はいくかと。

なので通期の営業利益は1,365百万円に落ち着くと思います。こちらでEPSを計算すると、68円となります。

TOKYOBASEの成長率から考えるとPER40倍~50倍は妥当な株価と考えます。

なので2,720円~3,400円程度までは安心して保有できます。

将来的にはもっと株価が上昇すると考えますが、あくまで本決算に向けての株価予想です。

 

今後

今後は海外進出がより進み、東証1部鞍替えなども待っています。

現在は時価総額300億円~400億円ほどですが、これから数年で1,000億円は軽く超えてくると予想します。

今月の日経マネーにテンバガー候補として、TOKYOBASEが掲載されていました。

テンバガーになることを祈って今後もホールドしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です