NISAで投資信託は買っていけない

今回はNISA枠の活用の仕方について。
早速ですが、NISAで投資信託を買ってはいけません。
NISAは投資信託に向いていないです。

銀行の前に「NISAで投資信託を買おう」なるポスターが貼ってあったりしますが騙されてはいけません。
※投資信託自体を否定しているわけではありません。NISAで投資信託を買うことがあまり有効ではないです。

その理由を書こうと思います。

NISAの非課税期間が5年しかない

NISAの設立目的として「長期投資」が挙げられますが、現状NISAの非課税期間は5年間しかないです。(5年後にロールオーバーしたとしても最長10年まで。)

全然長期投資とは言えないです。

5年では投資信託が爆上げすることはほぼない

そもそも、投資信託は5年の短期間で爆上げするような代物ではないです。投資信託の種類によりますが、私が考える投資信託は手数料の安いインデックス投資信託を指します。

投資信託は20年以上を前提に運用するものです。長期に渡って運用すれば、利益が出るものなので、NISAに向いてません。また、利益が出ると言っても個別株のような購入価格の2倍まで利益が膨らむことはまずないです。

NISAの最大の欠点

NISAの最大の欠点として5年後に損をしていた場合に余計な税金を払うことがあります。

具体例を挙げます。
2016年にA投資信託を100万円で買う。

5年後の2021年に50万円となってしまったので損切り出来ず、NISA口座から課税口座への移動と仮定。

2022年に120万円まで値上がりしたので売却。

この場合、感覚としては100万円で買った投資信託を120万円で売ったので20万円の利益に課税(20万円×20%で4万円課税)されるものと思われます。

しかし、実態は2021年に課税口座に移動した際に取得価格は50万円とみなされてしまうのです。
つまり、50万円で投資信託を購入して120万円で売ったことになり、70万円の利益に課税(70万円×20%で14万円課税)されます。

NISAは税金を払う額を減らすための制度なのに、逆に多く払ってしまうことが起こりえるのです。

これはNISAの非課税期間が5年間という期限が設定されているために起こる問題です。

NISAに向いているのは個別株投資

NISAのメリットを活かすには、5年以内に大きく利益が出ることが必須条件です。
そのためには、投資信託より個別株投資の方が向いています。

個別株投資は5年以内に成果が出やすいです。というか、個別株投資はMaxでも5年先くらいまでしか見通すことが出来ないです。

私は銘柄選択の際に、これから成長していくかどうかを重視しています。
しかし、10年や20年先までの成長を予想はしていないです。正確に言うと出来ないです。
10年、20年で世の中はだいぶ変わるからです。

例えば10年前はスマホなんてものはなかったのに、今やスマホがガラケーを上回るほどに普及しています。

なので、5年以内の成長を目安に銘柄選択を行っています。

個別株投資については、以前書いた記事をご覧ください。

個別株投資をしよう

まとめ

NISAは5年間という期間設定を早くなくしてほしいです。

また、NISAが出来たことによって、投資に初チャレンジする人が多くいると思います。
ぜひ、投資信託ではなく個別株投資をしましょう。

私はNISA初年度、投資信託を積立で少し買ってしまいました。前述のとおり、途中であんまりメリットがないことに気づきました。

NISAで投資を考えている方には、私のようなミスをしないことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です