利益確定と買い増しタイミングの難しさを痛感

保有株である3415TOKYO BASEの株価の動きを見て、利益確定と買い増しタイミングは難しいと感じました。

結論から言うと、8月31日に1,700円で200株買い増しをしたのですが、ちょっと買うタイミングが早過ぎたかな?と思っています。

この経験を次に活かすために、備忘録を書こうと思います。

TOKYOBASEの株価下落

現在、私のTOKYOBASEの保有株数は800株です。
内訳としては、
900円、1015円、1475円、1700円で各200株ずつの合計800株です。

株式分割後、一時は2187円まで上がりました。さすがに上がり過ぎかなと感じ、どこかで調整が入るだろうと思い、買い増しタイミングを見計らっていました。

8月31日に10%以上下がったので1700円で200株買いました。
しかし、ここからさらに下がり続け、9月6日には1350円あたりまで下がりました。

将来的には上がってくるだろうという、思いを持っているのですが、流石にこの短期間での下げには驚きました。
何か材料が出たわけでもないですし。
2000円超えは少し割高だとは思っていましたが。ここまで一気に下がるとは。

たらればですが、1475円で買った200株を2000円の時に売り、また下がってきた時に同じ株価で買えればなーと思ってしまいました。約10万円の利益を逃したなと。

たらればなので、そんなことは不可能ですが。つい、そういう夢を抱いてしまいます。

今回の短期間の下げにより、約30万円くらいの含み益が1週間ほどでなくなりました。
こういう事態があるごとに、利益確定の重要さを思い知らされます。

TOKYOBASEは10倍株になるポテンシャルを持っていると思いますが、ずっと株価が上がり続けるわけではないです。
なので、適宜利益確定をしていこうと思います。

利益確定の方針

今回の反省を踏まえて、今後の利益確定について考えました。

株価が2倍になったら半分売る

今回は900円、1035円で買った合計400株は一時、2倍株になっていました。

自分のルールとして、「株価2倍になったら半分売ろう」と決めていましたが
TOKYO BASEの株価上昇をみていると、つい「まだまだ上がるんじゃないか?」と思ってしまいました。

ダメですね。本当に。

今回の下落により、「株式投資はそんなに甘いものじゃないぞ。」ということを痛感しました。

次回からは、2倍株になったらすぐさま売ろうと思います。

2倍で売ることにより、仮に残りの株がゼロになったとしても、元本割れすることはないので、心の余裕が生まれるためです。

株式分割日が近づいてきたら、一部売ることを検討する

株式分割が行われると株価が上昇する傾向にあります。
正式には、株式分割実施日に向けて株価が上昇します。

そして、株式分割後は、調整として株価が下がる可能性があります。
少しくらいの下げならば、良いのですが今回みたいな大幅下落もありえます。

なので、今後は株式分割実施日が近づいてきたら一部売ろうかと思います。

今回の下げの原因はわからないですが、

株式分割に向けて株価が上昇
⬇︎
分割で持ち株数2倍になったから、半分売ろう
⬇︎
みんな同じことを考えて、売りが殺到
⬇︎
株価暴落

という流れがあったのでは?と考えています。さらに機関投資家の売りもあったのでは?と。
明確な原因はわからないですが。

まとめ

今回、TOKYOBASEの株価推移で株式投資の難しさを改めて感じました。

本当に基本的なことですが、利益は確定しなければ意味がないです。
いくら含み益があっても、取らぬ狸の皮算用です。

今回の経験を活かして、今後も株式投資を続けていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です