PCデポを売却しました

8月15日に、PCデポ400株を1,283円で売りました。
買値が950円でしたので、税引き後106,480円の利益となりました。

売却理由は、すでにヤフーニュースにもなっている「PCデポの契約解除料が10万円」が原因です。

15日にツイッターで話題になりました。
要約すると、

ツイッター投稿者の父親(80歳)が、月15,000円のサポート契約料を支払っていた。
⬇︎
ツイッター投稿者がそれに気づき、PCデポに解除を申し込む。
⬇︎
PCデポから解除料として、20万円を請求される。
⬇︎
ツイッター投稿者が20万円は高いと訴える。
⬇︎
解除料が20万円から10万円に引き下がる。

です。
解除料が10万円と高額なこと。また、20万円から10万円に引き下がったことから不信感が高まりました。
すでに5,000リツイートされています。

私は、15日午後に、この話題を知り、保有している400株を売却しました。
PCデポのビジネスモデルは、今回話題となっている、サポートサービスが主な収益源となっていたからです。

営業利益率10%を維持していたのは、このサービスサポートの利益率が高いためです。サポートなので、原価はほとんど掛からないことから、高利益率は容易に想像出来ます。

サポートサービスは携帯電話のように、3年契約(途中解除は、別途解除料がかかる)となっています。
なので、今回のようなトラブルがいつか起こるかな?とは想定していました。
が、予想よりもトラブルの質が悪かったです。IRの対応も悪いですね。

今回のトラブルにより、PCデポの信頼はガタ落ちとなっています。
ビジネスモデルとしては、かなり魅力的だったのですが、今回の件で、顧客離れが進む&今後の成長性が見込めない、との判断をしました。
IT初心者や高齢者向けのサポートサービスは、上手くいけば全国展開も狙えると思っていたのですが。厳しそうです。

また、今後サポートサービスを継続するにしても、信頼を取り戻すには時間がかかりそう&良質なサービスを提供するため利益率が下がるのでは?
と考えます。

以上から、売却を決意しました。

15日にツイートされてから広まり、
16日にはヤフーニュースに載るという
一連の流れをみて、ネット社会の恐ろしさを感じました。
昔だったら、泣き寝入りで済んだかもしれないことですが、今は一瞬で広がりますね。

保有株がトラブルに巻き込まれるのは、初めての経験です。
売却したため、保有株は0ですが、しばらく株価を監視しようかと思います。
今後、株価の下落がどこまで続くのか気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です