資産運用の必要性(貯金のみの生活からの脱却)

一般的に老後資金には3,000万円必要(年金を除いて)とよく言われます。夫婦2人の場合。

↑正確に言うと、自営業や会社員、専業主婦によって公的年金の受給額が違うので一概には言えませんが目安として3,000万円と言われてます。

貯金だけで3,000万円貯めるのは無理

今の時代、銀行の利息は0.001%ととても低いです。ほぼないに等しいです。
100万円預けても1年間にたったの10円しか増えないです。

仮に今の年齢が30歳、老後を60歳からスタートとした場合
年間100万円の貯金×30年間で3,000万円貯めることは出来ます。
出来ますとは言ったものの、現実的ではないです。

子育てしながら年間100万円の貯金はどう考えても無理です。
子供が成長するごとに、教育費などの支出は増える一方なので、年間100万円貯金は厳しいです。
↑が可能なのは高収入の人のみです。
我が家のような、平凡な家庭では無理です。

資産運用が必要

貯金で3,000万円を貯めるのは難しいので、資産運用をする必要が生じます。

毎月3万円ずつ30年間投資した場合、年利7%と仮定すると、30年後には3,508.4万円になります。(株式投資の期待リターンは7%と言われているので、それを採用しています。)

元本は1,080万円ですが運用することによりここまで増えます。
運用期間が30年と長いと複利のメリットを存分に受けることが出来ます。

株式投資は未経験の方は年利7%なんて達成するの?と思われるかもしれませんが、しっかりと株式投資を勉強をして適切な銘柄を選べば年利7%は達成可能です。
↑配当金だけで年利2〜3%あるので実質の目標値上がりは年利4〜5%くらいです。
実際私が保有しているワールドホールディングスは今期予想配当金68円で、株価1,400円で購入したので、配当利回り4.8%です。

投資する会社のビジネスモデルを把握する。
株価が割安か?
財務体質はどうか?

などを判断して、中長期で投資をすれば株式投資で資産を増やすことは可能となります。
銘柄選択の細かい内容は、今後ブログに掲載していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です