MS-JAPANのキャリアカウンセリングを受けた感想

DODAに続き、MS-JAPANのキャリアカウンセリングも受けました。
場所は飯田橋から歩いて5分くらいのところでした。

基本的にはDODAの時と同じような内容でした。
転職の志望動機と、転職先の希望条件が主です。
前回と同じく「残業ほぼゼロ&家賃補助が出ること(出来れば定年まで支給)&将来的に給料が高くなること」を伝えました。

MS-JAPANからの指摘

私の転職希望条件の中で、家賃補助があることは譲れないものでした。
理由としては、家賃補助は仕事の出来不出来と無関係に支給されるものだからです。

そもそも私自身仕事で出世しようという考えがほぼ皆無のため、出世して給料が増える確率はかなり低いと見積もっています。
家賃補助があれば、今後の見通しが立ちやすいので重視していました。

しかし、MS-JAPANの意見は全然違いました。
「家賃補助はいつ廃止になるかわからない。それよりも、経理としてのキャリアアップを図り、年収をアップすべきだ。」と言われました。

⬆︎仕事人間ならこれでも良いのですが、私にはあまり響かなかったです。

キャリアカウンセリングに差はない

MS-JAPANのキャリアカウンセリングとDODAのキャリアカウンセリングを比べると、正直大差はなかったです。
時間の無駄になるので、キャリアカウンセリング迷ってる人は1つの会社だけで十分です。電話カウンセリングでも、問題ないと感じました。

キャリアカウンセリング自体は差はなかったですが、求人情報の質ではMS-JAPANのほうが良かったので、MS-JAPANを主に活用することとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です